walkingdead

ウォーキング・デッド サバイバルへの道

Android iPhone

無料

Scopely

RPG, ゲーム

プレイレビュー

投稿日:2017年03月05日

投稿者:船長

2010年にアメリカで制作され、世界中で人気を博し、今もなおシリーズが続いている大ヒットテレビドラマ「ウォーキング・デッド」……本作はその「コミカライズ版」を原作としたスマートフォン向けRPG作品である。

ウォーカーと呼ばれるゾンビたちによって滅びた世界で、安住の地を求めて旅をする人間たち。プレイヤーはシリーズお馴染みのキャラクター、そしてコミカライズ版のキャラクターたちを操作し、この過酷なサバイバルを生き抜いていかなければならない。

コマンド選択式のオーソドックスなRPGに加え、戦闘やクエストで入手した報酬を使って町を建設していくストラテジーゲームの要素もある作品だ。

選択肢によって生存者や仲間に入るキャラクターが変化したり、時には人間同士で敵対してしまったりと、なかなかに緊張感のあるゲームとなっている。

ストーリー

ゾンビ・パンデミックによって世界は終末を迎えた。

辛うじて生き残った人たちは荒廃したアメリカの大地を彷徨い、安住の地を求める。

ウォーカーと呼ばれるゾンビたちは、あらゆる生き物を食らう動く死人。人間が、脳が無事なまま死ぬとウォーカーになる、ということがわかっているため、数少ない生存者たちは次は誰がウォーカーになってしまうのかと戦々恐々とし、疑い合うばかり。

さらに、もはや数少ない物資を略奪しようとする者や、他者への敵意を剝き出しにした者など、敵となるのはウォーカーだけではなく、その内、人間たちにもいるのであった。

この過酷すぎる崩壊した世界で、果たしてプレイヤーたちの小さなグループは、生き残ることができるのであろうか。

公式のアプリ紹介

ウォーキング・デッド サバイバルへの道は、ウォーキング・デッドコミックシリーズの原作者、ロバート・カークマンが贈るウォーキング・デッド戦略ゲームの決定版。

サバイバーたちを集めてチームを作り、戦略を駆使して、危険に満ちた白熱のバトルを繰り広げよう。 ウォーカーとサバイバーたちに生き残りの戦いを仕掛け、敵の弱点を突いて、RPG感覚で進むべき道を切り拓こう。 町を構築してウォーカーたちの進行を阻止しよう。だが気を付けろ。忍びよる恐怖は外から訪れるとはかぎらない。あなたの決断が生死を分かつ。

小説版「ウォーキング・デッド」の賞受賞作家ジェイ・ボナンジンガが書き下ろした完全新作ストーリー。ダークな美学が貫かれたこのゲームで、プレイヤーは生き残りの戦略を選択し、妥協のない決断を迫られていく。

*** 期間限定で星4武器を無料プレゼント*** 今回の「ワールド・アット・ウォー」イベントを楽しむには、「ウォーキング・デッド サバイバルへの道」を 今すぐダウンロードし、報酬受信箱をチェックして、星4武器のポール・“ジーザス”・モンローのライフルを手に入れよう。 (48時間以内に出現)

「ウォーキング・デッド:サバイバルへの道」の特徴:

ウォーカーやサバイバーとの戦闘
• 強敵に立ち向かい、戦略を駆使して生き残ろう
• ヘッドショット! 敵に致命傷を与え、戦闘不能に追い込もう
• ミショーンの刀をはじめとした強力な武器を使い、特殊攻撃や遠距離攻撃で敵を撃破しよう

サバイバーたちを集めて戦う
• 「ウォーキング・デッド」の世界から、独自の戦闘能力を持つ新たなサバイバーたちを駆り集めよう

サバイバーたちをアップグレード
• レベルアップとカスタマイズで、サバイバーたちの戦術、武器、スキルを向上させよう
• RPGと同じように、サバイバーたちはウォーカーを倒すごとに強くなる
• ゾンビの群れは眠らない-アップグレードされた戦略で、チームの臨戦態勢を整えよう

戦略的ゲームプレイ-長所を活かし、弱点を攻める
• 強力な攻撃を生み出すカギは戦略-だが敵の逆襲には注意しよう
• 戦略こそがウッドベリーのサバイバーたち守る道-戦略的な攻撃で勝利を手に入れよう

「ウォーキング・デッド」に登場するマップやロケーション
•新機能の3Dマップで、 原作コミック「ウォーキング・デッド」に登場する地名を探索しよう
• 米国東部にある要衝ポイントや特徴的なエリアをチェックしよう

共同体を作り、荒れ地を切り拓こう
• 家を建ててサバイバーたちを迎え入れる、町役場を中心に町を拡張する、作業場でアイテムを作るなど、できることがたくさん

対人戦で敵を襲撃
• オンラインの全面戦争モードで、戦略を駆使して敵ファクションを襲撃し、物資を手に入れよう
• 隠れた敵や危険なウォーカーたちが徘徊するオープンワールドで展開する、戦略的マルチプレイバトル。
• 対人戦の巧みな戦術で敵を打ち負かし、ランキングのトップに立とう

味方ファクションとオンライン戦略
• マルチプレイヤーの同盟と戦略が生き残るカギになる。 味方ファクションに加入して戦略を生み出し、過酷なウォーキング・デッドの世界で物資を集めよう
• マルチプレイの戦略RPGで、友人と一緒に戦い、町を建設しよう

「ウォーキング・デッド」を象徴する場所で戦闘
• ファクションと連携して戦い、「ウォーキング・デッド」の世界を支配しよう
• アレクサンドリア、ウッドベリー、サンクチュアリなどの要衝をめぐる攻防戦

ストーリーを書きかえる戦略的な判断
• 1つ1つの判断がストーリーに影響し、それぞれの戦局を塗りかえる
• 迫力に満ちたダイナミックな戦略RPGで、独自のストーリーを作り上げよう

ゲーム内のライブイベント
• イベントに参加して、貴重な物資や新たな限定サバイバーたちを手に入れよう。

ウォーカーたちが外側から町の壁を破壊する一方で、内側では自暴自棄になったサバイバーたちが町を破壊する。 迫りくる戦いに、あなたはどの道を選ぶか?

 ゲームシステム

コンテンツ数はなかなか多く、ストーリーモードの他にも各種のステージやミッション、さらには他プレイヤーとの対人戦など豊富。

そう、他プレイヤーは全て敵! 奴らは物資を奪ってくる悪魔! だからやられる前にやらなければならないのだ!(こんな感じで殺伐とした気分になってくる)

walkingdeadtosurvival1

バトルはターン制。全員が攻撃し終わると、敵のウォーカーたちが近寄ってくる。そばに寄られると攻撃され、あっという間に致命傷をくらってしまうので、それまでに倒さなければならない。

人間が敵の場合、奴らもこちらと同じように銃などで遠距離攻撃を行ってくる。そしてウォーカーと違って動きも早い。武器との相性なども考えて戦術を組み立てよう。

walkingdeadtosurvival2

ミッションなどで獲得した報酬を使って、町を発展させていくことができる。

廃墟を直して住居を作ったり、農場や資材採集基地を作ったり、訓練所を設けたりもできる。また各施設のアップグレードも可能だ。

walkingdeadtosurvival3

ストーリーモードは重要な選択肢の連続だ。人を殺す、殺さない。誰かを助ける、見捨てる。従属する、反抗する。信じる、疑う。その選択一つで、先の展開が大きく変化していく。

この緊迫感こそが、本作最大の特徴であろう。

walkingdeadtosurvival4

BGMやグラフィック

リアリズムの方向へと寄ったアメリカンコミック的なデザインによるグラフィックは、とても雰囲気が出ていて素晴らしく、味わい深い。

多少翻訳に甘いところがあるが、それでもダークで重厚なストーリーには手に汗を握るものがあり、ついストーリーモードを先に進めたくなってしまう。

独特な音楽も印象的で、漂う「終末感」がたまらない。

全体的にクセが強く、重苦しいので、苦手な人も多いかもしれないが、感覚が合う人にとっては、待ってましたといわんばかりの作品でもあるだろう。

総合評価

サバイバルの過酷さが非常によく伝わってくる重苦しい雰囲気や殺伐とした空気、緊迫感、そしてハードコア&グロ表現の数々、あまりにも救われない展開など、かなり人を選んでしまうハードルの高さはあるものの、だからこそ好きな人にはたまらない傑作ともなる。

とりわけ選択肢による分岐で、大きくストーリーが変わるなど、スマートフォン向けRPG作品とは思えないほどの大胆な構成がなされているところなどは、なかなか注目すべきところでもあるように思う。ターン制の簡単操作でありながらも、あっさり全滅してしまう難易度の高さもあって、これは完全にヘビーユーザー向けの作品といえるだろう。

ただ塀に囲まれた小さな町を少しずつ発展させていくストラテジーの部分など、ライトユーザーでものんびり遊びつつキャラクターを育成していけるモードがしっかりと用意されているので、世界観に感性さえ合えば、意外と楽しく遊び続けることもできるかもしれない。

65話もあるドラマ版は、日本でも各種動画配信サービスにて視聴することができるので、のんびり眺めつつプレイしていくのも悪くない。

walkingdead

ウォーキング・デッド サバイバルへの道

Android iPhone

無料

Scopely

RPG, ゲーム

関連記事


walkingdead

ウォーキング・デッド サバイバルへの道

このアプリをインストールする このアプリをインストールする