pokemonkomaster

ポケモンコマスター

Android iPhone

無料

The Pokemon Company

ゲーム, ボードゲーム, 心理ゲーム

プレイレビュー

投稿日:2016年08月30日

投稿者:船長

タイトルだけ見ると、まるでパチモンか同人作品のようにしか思えないが、これはれっきとした『ポケットモンスター』シリーズの1作で、株式会社ポケモンより配信されている正規品である。

内容はポケモンのフィギュアを使って、チェスのようなデュエル(対局)をするといった、対戦ボードゲーム。

自分と相手が交互にフィギュアを動かし、先に相手のゴールへと辿り着いた方が勝ち、というシンプルなルールであるが、それに加えポケモン(駒)同士が隣り合ったらルーレットによるポケモンバトルが始まるという要素や、ポケモンの固有能力などにリンクしたフィールド効果が発生するなど、なかなか戦略性の高いゲームとなっている。

ストーリー

プレイヤー(主人公)はポケモン・フィギュア・ゲームマスター(PFG)を目指す選手で、世界大会にエントリーし、舞台となるカルモンテ島を訪れたところから物語は始まる。

カルモンテ島は高級ホテルの立ち並ぶリゾートアイランドで、大会の裏では何やら謎の計画も進行している模様。

……と、雰囲気としては歴代ゲーム版を思い起こさせる王道系で、冒険心を擽られる内容となっている。ライバルやヒロインたちは絵もキャラクターもなかなか魅力的なので、メインコンテンツとなる対人戦だけでなく、ストーリー展開も楽しむことができるだろう。

ゲームシステム

本作では対人戦が基本のコンテンツであるが、しっかりとストーリーも用意されている。ストーリーは「ホテル」の項目でチェックできるので、対戦を楽しみながら進めていこう。

まずはルカと名乗る青年からPFGの基礎を学ぼう。いわゆる、チュートリアルである。

pokemonkomaster1

バトルは編成してあるポケモンフィギュアをチェスの駒のように使ったボードゲーム。

交互に盤上にポケモンを置き、進め、相手陣地のゴールに到達すれば勝利となる。

pokemonkomaster2

進行先に敵のポケモンがいた場合、通り越したりすることはできず、ルーレットを使ってのバトルとなる。

pokemonkomaster3

ルーレットで出た数値が相手より大きければ、表示された「わざ」を繰り出せる。これで相手をポケモンセンターに送り飛ばしたり、「ねむり」や「どく」といった状態変化を与えることができる。

ゴール奪取の他にも、フィールドに敵のポケモンがいない状況を作れればウェイト勝ちという勝利を得ることも可能。つまり、ポケモンを置ける「エントリーポイント」と呼ばれる箇所を制圧していくことも有効な戦術戦略となるのだ。

pokemonkomaster4

グラフィックやBGM

グラフィックの完成度はさすが天下のポケモンシリーズということで、かなり高い。特に3DCGで描かれたポケモンたちはとても精巧で美しく、そして活き活きとしていて魅力的。

OPムービーなどは無料ゲームのレベルを超えた素晴らしさである。

ただそこまでやっておきながら、鳴き声など、ボイスや効果音がおざなりなのが残念。どれだけ絵が良くても、そこで急に「ポケモンらしさ」が消失してしまっているようにすら感じられる。

ルーレットでのポケモンバトルの演出も薄味で物足りない。もう少し臨場感というか、迫力ある見せ方にしてほしかった。

総合評価

本作はチェスやダイヤモンドゲームといったボードゲームの戦術性と、ポケモンの特性や能力を活かした戦略性とが噛み合った、たいへん興味深いゲームである。これはもう、ポケモンボードゲームという新しいジャンルとして確立しているのかもしれない。

しかしながら、そこにほぼ無理矢理に(あるいは惰性、無計画さにより)ソーシャルゲームお馴染みのガチャ要素やスタミナ制を押し込んでしまったことにより、ゲームバランスを崩壊させてしまっている。

特にポケモンのバトル能力値や固有能力に差がありすぎて、強いポケモンさえ持っていればボード戦術なんて少しも考えなくていいというのは、致命的なゲームの欠陥といわざるをえない。

状態異常持ちのポケモンがいて、それが発動できればもうあとは思考を放棄しても勝てるという酷さには、ついスマートフォンを放り出してしまいそうになってしまったほど。

また、たとえ状態異常対策を有していたとしても、基本的にポケモンバトルはルーレットの運だよりのため、倒せなかったら意味はない、という常に神頼み状態。

当然、こちらも状態異常持ちを確保しておけばいいのだが、そのためには、今度はガチャの神様に祈らなくてはならない。

そして対戦する両者が状態異常持ちを繰り出してきた場合、試合は間違いなく泥試合になり、なかなか終わらず、ストレスだけが積み重なっていく。

以上のことにより、ポケモンの主なユーザーである小さなお友達には不向きなゲームといわざるをえない。本末転倒とはまさにこのことであるのかも。

ただポケモンの立体フィギュアの可愛さがかなりのものだったり、実装されているポケモン数が多かったりするので、ポケモンファンの大きなお友達は、まったりとやっていく分には楽しめるかと。進化がなかったりするのもまたマイナス点だったりするが。

投稿名:ポケモンコマスター |カテゴリ:ゲーム|投稿者:|投稿日:8月30日
pokemonkomaster

ポケモンコマスター

Android iPhone

無料

The Pokemon Company

ゲーム, ボードゲーム, 心理ゲーム

関連記事


pokemonkomaster

ポケモンコマスター

このアプリをインストールする このアプリをインストールする