BRAVELYARCHIVE-0

ブレイブリーアーカイブ D’s report

Android iPhone

無料

SQUARE ENIX Co.,Ltd.

RPG, ゲーム

プレイレビュー

投稿日:2016年04月18日

投稿者:bunbun

スクウェア・エニックスが送るスマホRPGゲーム『ブレイブリーアーカイブ D’s report』のご紹介です。

ブレイブリーアーカイブは2016年1月に1周年を迎え、ダウンロード数も500万を突破!
積極的にコラボイベントなどが開催されており、1周年を迎えてもなお賑わいを見せている人気ゲームアプリ。

ゲームシステムはターン制コマンドバトルを導入しており、直感的な操作で誰でも簡単にプレイすることが出来る。

コンボをつなげ、クリスタルへと封じられた記憶を取り戻せ!

ダウンロード

アプリの配信はGooglePlay及びAppStoreで行われており、いずれも無料ダウンロード可能です。
ダウンロードされる場合は、お持ちのスマホのOSに応じ、上記ボタンよりダウンロードページにお進みください。

ストーリー

アナスタシス図書館に勤務することとなった主人公は、図書館からの依頼に従い、様々なダンジョンに取り残され、口伝されることのなかった知識を回収して回ることになる。

プレイヤーはアナスタシス図書館の司書となり、各地に散らばるクリスタルに封じられた”記憶”を求めて旅に出ます。

基本的には図書館の同僚と一緒に世界各地を冒険していく話ですが、少しずつキャラクター毎の感情描写に変化が起こり、小さな事件を通して意外な一面を見たりと、感情移入しながら見やすくなっています。

ゲームシステム

また物語本編のクエストの他に、個性豊かなキャラクター毎のクエスト(通称キャラクエ)が存在し、そこでは個性を全面に押し出した話が見れるため、より愛着が沸いてきます。

物語の進行度は少しずつで、ライバルのような存在もいますが、まだまだ核心には迫っていないようですね。

『ブレイブリーアーカイブ D’s report』は基本的に1ステージ8つのエリアを順にクリアしていく形で進行していくRPGゲームです。

操作に関してはスマホでも操作しやすいようにワンタッチでキャラクターを進めることが可能になっていますし、ダンジョン自体はボードゲームのボードのような形状で進んでいく為、通常のRPGのようにキャラクターを操作する必要はありません。

マスを進めていくと敵キャラクターが待ち構えており、その敵との戦闘に勝てば更にダンジョンの奥に進むことが可能になります。

ダンジョンの最深部には必ずボスが待ち構えており、そのボスを倒すことでステージクリアとなります。

バトル

戦闘は、プレイヤーのキャラクター5人+フレンド1人の計6人を操作します。
リアルタイムでは無くターン制ですが、その分よく考えて戦術を練らなければ勝てない敵も出現します。

ダンジョン報酬の中にはパーティの人数を指定しているものもあるので、5人ではなく3人以下で挑み、クリアしていく事でより多くの報酬が貰えますよ!

画面下のキャラクターを上下左右の方向にフリックすることで技を出すことができます。

各キャラクターのフリック方向と対応する技は予め決まっていますが、Lvが上がらないと開放されないものもあります。

それぞれの技は、単体に大きなダメージ・ランダムターゲットに3~4回攻撃・回復魔法など様々な特性があり、強力な技を持つキャラクターをガチャで当てると冒険が楽になります。

その他にも、敵を宙に浮かせるアッパー攻撃や、宙に浮いている敵にヒットさせると大ダメージを与えられるダウン攻撃、各キャラクターがもと個性豊かな必殺技など、戦略の幅が広がる種々のシステムが存在します。

攻撃することでゲージが溜まっていき、MAXになると必殺技が発動可能。その場合はキャラをダブルタップで発動可能ですので、スマホでのフリック操作に対応した、とてもプレイしやすいシステムとなっている。

中段の緑のバーの上に宝石のようなものが並んでいますが、これは行動を行う際に必要なジュエルというものです。左から3、5番目のジュエルがデフォルトのもので、その他の形の異なるジュエルは行った行動に対して追加効果を与えます。

行ったアクションを2回繰り返すものや、攻撃を全体化するもの、HP回復などジュエルに関しても様々なものが存在し、キャラを操作する際の行動順が非常に重要になってきます。

ガチャ

ここで結晶石を用いてキャラクターを獲得します。

必要な結晶石の数は1回15個、11連で150個となっており、11連の方が1回分お得です。

ここで必要な結晶石ですがログインボーナスやクエストのミッションで、かなりの数が集まりますので11連のために置いておいた方が良さそうですね。

現状、キャラクターの最高レア度は☆6です。
ガチャから出てきたレア度が☆4や☆5だったとしても、進化によって6まで上げることが可能なキャラもいます。

自分の持っているキャラクターが☆6まで上がるかどうかの確認方法は、メイン画面下部の「キャラ」のアイコン→「キャラ一覧」→「見たいキャラの顔をタップ」→右方向へフリック
すると、下のような画面になり、残り何回進化を残しているかがわかります。

現在☆3で後2回進化を残しているため、最終的には☆5までしか上がらないようです。

ゲームをプレイした感想

BGMはニンテンドー3DSの名作「ブレイブリーデフォルト」から引き継いだもので、アニメ「進撃の巨人」の主題歌の担当などをしていた、Revo氏が手がけたものです。

ゲーム開始画面やメニュー選択画面に流れる曲は「空想の世界をロールプレイングする」という状況に合致しており、儚さの中にも優しさがありストーリーを更に良いものへと引き立てる名曲だと感じました。

一方、戦闘時のBGMは全く異なり、カッコいいものが多く、特にボスバトルでは緊張感をもった曲で独特の臨場感を味わえます。

グラフィックについては、近頃よくある3Dでは無く、徹底した2Dのキャラクター!
細かい動きを観察すると楽しいのですが、キャラクターの技毎に異なる動きはもちろん、戦闘開始時に武器を出す動作や戦闘終了時に武器をしまう動作など、細かいところまで作りこまれていますね。

戦闘シーンで2Dキャラクターが縦横無尽にバトルを繰り広げる様は、アクション・エフェクト効果など派手で臨場感あるものになっています。

さすがスクエニゲーム!

また、描かれているキャラクターは、様々なイラストレーターさんから提供されており、他のブレイブリーアーカイブシリーズのキャラクターも参入してきています。

ブレイブリーファンであれば非常に懐かしいキャラクターも登場しますよ!

イラストレーターごとにキャラのタッチも異なるので、絵柄でキャラ集めをするのも楽しいでしょう。全体的にグラフィックの手抜きも無く良く作りこまれたゲームに仕上がっています。

総合評価

タクティクス系のような戦略ゲームが好きな私には、この戦闘システムが非常に面白いと感じました。各キャラクターが持つ技にも個性があり、またそれらを組み合わせることで更に強力な攻撃ができたりと、無数の戦略があるところが面白いと思います!

『ブレイブリーアーカイブ D’s report』は、通常のストーリーだけでなくイベントなども豊富で、プレイヤーを飽きさせない工夫も素晴らしい!

さらに新キャラクターなども随時追加されており、武器の実装やスキルの追加といったゲーム自体のアップデートも頻繁に行われています。その為、長くプレイしていても、飽きることなくプレイし続けることが出来る良質なRPGに仕上がっています。

最近のスマホアプリゲームは、多様化し過ぎるあまりに複雑になりつつあと感じていますが、『ブレイブリーアーカイブ D’s report』は初心者でも分かりやすいゲームシステムですし、短時間でサクサク遊べるように考えられているため、空き時間などに少しだけ遊ぶといった新しいRPGの形を体現しているゲームとなっています。

しかし、問題点が1つ!

これは最近のカードバトル系のアプリゲームには共通して言える事ですが、最高レアの☆6になるキャラのクターの入手が難しいというところです。
ただし、最高レアだけあって破格の性能を持っていますので、プレイヤーはみなさん欲しくなっちゃいますよね(例外もありますが・・・)。

実際にクエスト報酬やログインボーナスなどの無料配布の結晶石だけでも何十回とガチャがひけるのですが、なかなか☆6まで進化するキャラクターを獲得できませんでした。

ただ、☆6のキャラクターを持っていなくても楽しく遊ぶことはできますし、上の画像のように、不要な☆5のキャラクター3体を用いて新たに☆5のキャラクターを獲得できる「ミキサーガチャ」というものがあります(必ず☆6に進化可能というわけではありません)ので、総合的には100点満点中80点は付けたい!

投稿名:ブレイブリーアーカイブ D’s report |カテゴリ:RPG|投稿者:|投稿日:4月18日
BRAVELYARCHIVE-0

ブレイブリーアーカイブ D’s report

Android iPhone

無料

SQUARE ENIX Co.,Ltd.

RPG, ゲーム

関連記事


BRAVELYARCHIVE-0

ブレイブリーアーカイブ D’s report

このアプリをインストールする このアプリをインストールする